身近な水虫を予防する;水虫かな?と思ったら顕微鏡検査を

水虫は、医学的に足白癬といい、
白癬菌というカビの一種が
皮膚に感染することによって生じます。

カビの一種なので
白癬菌はジメジメした夏場に活発になりますが、
冬場も暖房であたたかく
ブーツなどをはくと湿度の高い環境になって
白癬菌が活動するので、
水虫の患者様は少なくありません。

日本人の4〜5人に一人
水虫にかかっているといわれ、
ご自分で気づいていない場合も含めると
患者数は2000万人ほどと考えられています。

湿気の多い日本だから
水虫が多いというわけではなく、
世界では約5億人の水虫罹患者
いるといわれているので、
私たちにとって大変身近な病気なのです。

     

水虫の予防としては
毎日同じ靴をはかず、
通気性の良い靴を2〜3足以上
交替ではくことです。

プールや温泉・公衆浴場など
公共施設を利用する機会が多い場合は、
足ふきマットに注意して
家に帰ったら石けんで足をやさしく洗って
清潔を保ってください。

家族に水虫の可能性があるときは
バスマットやスリッパを共用せず、
よく床を拭き掃除して
家族内感染を予防しましょう。

水虫のお父さんが
足で赤ちゃんの顔をなでていたら
赤ちゃんの顔に白癬菌が感染してしまった
ケースもありますので
水虫はしっかり治療することが大切です。

水虫を放っておくと
悪化して炎症が起きたり
さらに治りづらくなってしまいます。

特に糖尿病や血行障害のある方は
足の切断の原因になることがありますので
ご自分の足の状態を
ときどき確認してください。

     

足がかゆくて皮がむけたりすると
水虫だと思われる方もいらっしゃいますが、
別の皮膚疾患のこともありますので
顕微鏡検査をして確認する必要があります。

水虫の顕微鏡検査は、
受診されたときに
その場で数分で行うことができる
簡単な検査です。

ご自分で市販の薬を使用したり
水疱をつぶしたりしてしまうと、
一時的に水虫の菌が
顕微鏡で見えづらくなりますので、
お薬を使わない状態で
ご来院ください。


さくら皮フ科
http://sakura-hifuka.com